クレジット決済とは

クレジット決済とはどんなものなのでしょう。クレジットカードを持つことは当たり前となりつつあります。多くの人が普段からクレジットカードを携帯しています。一時的にカード会社が立て替えるという形になるのが、クレジットカードの決済です。利用者に対してカードの利用額を月に1度、まとめて請求するのがカード会社です。クレジットカードが便利なのは、分割払いやリボルビング払いなどに対応していることでしょう。クレジットカードの決済は加盟店でのみ可能です。加盟店は、決済手数料として3%~5%の金額をクレジットカード会社に支払っています。決済をクレジットカードですれば、買い物は現金を持たずともできることになります。高額な品物を買う時もまとまったお金を持たずに済みますので、セキュリティ的な面でも安心です。その反面、クレジットカード会社に手数料を加盟店側は支払う必要があるようです。分割払いで商品を購入したいという顧客や手持ちのお金がない顧客に対し、買い物を販売機会を逃さずしてもらえることになります。暗証番号の入力や本人確認のサインが、クレジットカードの決済では不可欠だといえるでしょう。最近では小口の決済やネットショッピングでは、サインレスシステムにより利便性や効率を重視した決済方法が導入されています。

ページのトップへ戻る